トップページ > しみ対策 >  しみの種類

しみの種類

しみの悩み

シミと呼ばれるものには、いくつかの種類があります。

どのシミかによってできる原因か対策も変わってきます。

1、老人性色素班
シミの中で最も多いタイプで、紫外線が主な原因とされています。 でき始めは薄茶色でしだいに色濃くなっていきます。

2、脂漏性角化症
シミが隆起してきてイボのように盛り上がってきた状態のもの。

3、雀卵班(ソバカス)
小さめのシミのことをソバカスと呼びます。 厳密には遺伝的なものだけをソバカスといいますが、10代の頃からできはじめます。

4、炎症性色素沈着
ニキビ跡や傷跡・虫刺され跡などが茶色くシミになって残ったもの。 ムダ毛処理で毛穴周辺が炎症を起こして色素沈着を起こしてしまうのもこのタイプです。

5、肝班
女性ホルモンのバランスが崩れた場合にできることが多い。 頬周辺に左右対称に茶色・灰色っぽい色でできる。

6、花弁状色素班
急激な日焼けによりできるシミで、肩から背中にかけてできる小さなシミのことです。

今月のピックアップ

◆エクイタンス

サンスター「エクイタンス ホワイトロジー エッセンス W」は、日本で唯一サンスターだけが使っている美白有効成分「リノレックS」を配合した美容液

通販限定エクイタンスはコチラ

ライン
株主