トップページ > しみ対策 >  美白成分が効くしみは?

美白成分が効くしみは?

美白化粧品

しみの中でも美白化粧品が効くタイプと効かないタイプがあります。

美白化粧品の効果が期待できるしみの種類は
・初期の老人性色素班
・炎症性色素沈着
・肝班

が、あります。

一般的に最も多いとされるしみである老人性色素班は初期の薄い状態の時にしか効果が期待できません。

しみが濃くなってから美白化粧品を使っても「効果がない」と思ってしまうのもこのためです。

もちろん美白化粧品に効果がないわけではなく、きちんと使えば効果は期待できます。

基本的に美白化粧品は【予防】として使うものなので、老人性色素班が目立ち始める40代になる前から使い始めることが大切です。

しみが出来始めてから使うのではなく、まだしみが目立たない30代のうちからしみ対策を使ってみることをおススメします。

美白化粧品では効果が期待できないしみには、レーザー治療などの方法でしみを薄くしていく方法などがあります。

今月のピックアップ

◆エクイタンス

サンスター「エクイタンス ホワイトロジー エッセンス W」は、日本で唯一サンスターだけが使っている美白有効成分「リノレックS」を配合した美容液

通販限定エクイタンスはコチラ

ライン
株主