Top > 美白成分とは > 美白成分について

美白成分について

美白女性

最近の化粧品・スキンケアにおいて欠かせないのが美白系のアイテムです。

美白を求めて多くの女性が自分に合った美白化粧品を探しています。

でも、ここで注意して欲しいことが一つあります。

それは、美白化粧品を使ってもお肌自体は白くなるわけでもありませんし、しみも薄くなるわけではありません。

こういうと夢も希望もなくなるかもしれませんが、現在発売されている美白化粧品に期待する働きは『メラニンの生成を抑える』ことで『新しいしみができにくいようにする』ことなのです。

商品選びのときも、「ホワイト○○○」なんていう商品名とか、パッケージがなんとなく白っぽかったり・・・というような美白っぽいイメージだけで商品選びをしていませんか!?

美白化粧品とは美白成分が配合された商品のことをいいますので、しっかりと成分をチェックしてみましょう。

今使っている美白化粧品があるならば、下記の成分が含まれているか見てみてください。

そもそも【美白成分】とはメラニン色素が作られる場合に、肌内部で起こる反応を抑える働きを持つ美容成分のことです。

メラニン色素に変換してしまうチロシナーゼの働きを抑える美白成分として、

  • アルプチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体
  • プレセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • 油溶性甘草エキス(グラブリジン)
  • カモミラET
  • 4MSK
  • マグノリグナン

などが、あります。

美白化粧品に含まれている成分は、ほとんどがこれらの成分となります。

また、他にもチロシナーゼ自体を減らすように働く成分として「リノール酸」などもあります。

まだまだたくさん美白成分はありますが、代表的な成分を紹介しました。

今月のピックアップ

◆エクイタンス

サンスター「エクイタンス ホワイトロジー エッセンス W」は、日本で唯一サンスターだけが使っている美白有効成分「リノレックS」を配合した美容液

通販限定エクイタンスはコチラ

ライン
株主